元止め式と先止め式の給湯器の違いについて知っておこう

給湯器には大きく分けると元止め式と先止め式の二種類があります。どちらも様々な場面で利用されていますが、仕組みにはどのような違いがあるのでしょうか。また、元止め式から先止め式、あるいは先止め式から元止め式への交換をしたいと考える場合もあるでしょう。

その交換工事を行うことができるのかについても紹介します。

元止め式と先止め式の仕組みの違い

二種類ある給湯器の方式の違いはどこに水栓を設けているかです。給湯器は水道管から給水して内部で加熱処理を行い、お湯にして出すというメカニズム的には簡単な装置になっています。ただ、お湯を出したり止めたりするための栓を設ける場所として合理的なところを二通り考えることができ、それぞれが元止め式、先止め式と言われているのです。

元止め式の場合には給湯器からお湯を出すときの元になる本体に水栓があります。使用するときには給湯器本体についているバルブやダイヤル、スイッチなどを使ってお湯を出す形になるのが特徴です。これに対して先止め式の場合には給湯器からお湯を出す先に当たる蛇口などに水栓が設けてあります。

通常はお湯を出すためのバルブと水を出すためのバルブが両方設置されていますが、蛇口の種類によってはお湯のみとなっていることもあるでしょう。使用するときには本体の電源を入れた上で、蛇口のお湯の方のバルブを開けるという形になります。

元止め式と先止め式で大きく違う点

利用者の視点では元止め式と先止め式の給湯器で大きく違うのはバルブの位置と配管のしやすさです。元止め式の場合にはバルブが本体に付いているので、お湯を使うところのすぐ近くに給湯器が設置されていなければなりません。

それに対して先止め式の場合には本体と蛇口が離れていても問題はなく、本体の電源さえ入っていれば蛇口のところでお湯を出すか出さないかを決められます。ただし、本体と蛇口の場所が大きく離れていると使い勝手が悪くなってしまうという点には注意しなければなりません。

一方、バルブを開けてしまうと元止め式の場合にはお湯が出てしまうため、基本的には給湯口を一つしか用意することができません。一つの給湯器で洗面所、お風呂、キッチンのお湯を確保することはできないのです。レストランなどであちこちでお湯を使うといったときにも元止め式は向きません。

先止め式の場合には給湯のための配管をすれば給湯器の容量が許す範囲でいくつの蛇口にでもつなげることができます。一台で何箇所にも給湯できるという点が優れていると考えられるでしょう。また、仕組みの部分では減圧弁が必要かどうかが大きく違うところです。

水は水道管から一定の圧力で入ってくるようになっていて、蛇口のバルブで給水する量をコントロールしています。元止め式の場合には水道管から給湯口までが直結している形になっていて、本体がバルブとして機能し、適切な給湯量にすることが可能です。

そのため、特に圧力を調節する必要がないので減圧弁は必要ありません。しかし、先止め式の場合には水道管から入ってきた水を貯めて加熱した上で、各所への配管に入れて給湯できるようにする仕組みになっています。

一度減圧しないと貯水することができないので、減圧弁を設けなければなりません。お湯を出すときには熱膨張による圧力を使うのが基本になっているので、状況によっては水圧が低下するリスクがあるということも念頭に置いておきましょう。

先止め式から元止め式には交換できるのか

今までは先止め式の給湯器を使っていたというときに、他の先止め式の給湯器に交換するのは比較的簡単です。しかし、元止め式の給湯器を使いたいということになるとかなり複雑なことになります。もともとキッチンにもお風呂場にも給湯していたという場合には、それぞれの場所に給湯器を設置しなければなりません。

元止め式は給湯口と一対一対応になるので、給湯する場所が多いほど給湯器の設置数が増えることになります。それぞれの場所に設置できるスペースがあるか、水道管を配管して給水できるように工事できるかが重要なポイントです。

建物の構造によって工事できるかどうかが異なるので、専門業者に相談してみる必要があります。

元止め式から先止め式には交換できるのか

元止め式の給湯器を使っていたときに、別の元止め式の給湯器に交換するのは容易です。しかし、元止め式から先止め式に交換したいというときにはケースバイケースで、大抵の場合には大掛かりな工事が必要になります。

最も多いシチュエーションは今まで使っていた場所の他にもお湯を使いたいところができたから交換するというものです。この場合には給湯器の設置場所を考え、両方に給湯できるような配管が可能かどうかを確認する必要があります。

通常はもともと給湯器があった場所に設置し、給湯のための配管を使いたい場所へ延ばしていくという方法を取りますが、壁や床などにうまく配管できない場合には諦めなければならないこともあるので注意しましょう。

関連:リモコンの表示が消えるのは異常?ノーリツ給湯器のサインや修理の情報を徹底解説!

交換の代わりに検討できることとは

交換する代わりに増設するのも検討してみた方が良いでしょう。特に元止め式から先止め式に交換しようと考えているときには、増設の方が良い場合があります。既にある給湯器はそのまま使用し、新たに使いたい場所にも元止め式給湯器を設置すればお湯を使えるようになるでしょう。

水道管の配管ができるかどうかが問題になりますが、もともとあった給湯器を先止め式にするよりも配管が簡単で済むことがよくあります。特に交換で対応する場合にはお湯を使いたい場所が互いに離れていると配管が難しくなりがちです。

独立した給湯器を設置すれば距離的に離れていても問題はありません。もともと水を使っていた場所なら水道管の配管もできているのでスムーズに導入できるでしょう。元止め式は水道管さえあれば比較的簡単に導入できるのがメリットです。

増設すると一方が故障したとしても、もう一つを使えるので全くお湯が使えないという状況にはなりにくいという魅力もあります。給湯場所を増やしたいというときには元止め式から先止め式への変更を検討するのも悪くはないですが、増設も考慮してみましょう。

もともと先止め式を使っているときでも新たに配管するよりも安くて便利になる可能性があるので、元止め式給湯器の増設を考えてみるのが大切です。