給湯器価格の相場は?価格を決めるポイントや設置するときの注意点を紹介します!

給湯器を設置するときに気になるのが、費用の金額です。給湯器は家庭で使う電化製品でも、価格がとくに高額です。製品にはかなりのバリエーションがあるため、購入や交換を考える際にはしっかりと情報収集をしておくのがベストです。

ここでは、給湯器の相場を紹介しながら、費用の内訳や価格を決めるポイント、設置するときに注意しておきたいことなどを解説していきます。

給湯器の相場は30万円台から40万円台

大手メーカーが販売している給湯器の場合、メーカー希望小売価格の相場はだいたい30万円台から40万円台です。ただ、なかにはもっと安い価格がついている製品もあります。給湯器は、製品によって価格に10万円以上の差がでるケースも珍しくありません。

大手メーカーのノーリツが販売している給湯器は、戸建て、マンション用のいずれもメーカー希望小売価格が30万円台から40万円台の製品が主流です。関連リンク…交換できるくん … 給湯器

このメーカーの製品の場合、安いタイプはメーカー希望小売価格が10万円台になっています。

給湯器の価格は、設置する住居の種類や製品の選び方によって変わる可能性があるでしょう。

関連:リモコンの表示が消えるのは異常?ノーリツ給湯器のサインや修理の情報を徹底解説!

給湯器の価格をわけるポイントその1「製品のタイプと給湯能力」

給湯器の価格をわけるのが、製品のタイプです。メーカーが販売している給湯器には、外壁に直接設置ができる壁掛けタイプや据置型のタイプがあります。壁掛けタイプの給湯器は、一般的にサイズが小さくコンパクトです。

このタイプは、マンションなどの集合住宅で利用されるケースが増えています。一方、屋外の地面に設置するのが据置型の給湯器です。こちらのタイプはややサイズが大きく、一戸建て住宅などで主に利用されています。据置型は、壁掛けタイプの給湯器よりも価格が若干割高です。

一般家庭の給湯器は、給湯能力によって号数がわかれています。1人暮らしなどの少人数の家庭でよく利用されているのが、16号の給湯器です。また、家族数が2人から3人程度の家庭では、20号の給湯器が主に使用されています。

寒冷地などで冬場のお湯の使用量が一気に増える場合は、24号の給湯器もしばしば利用されます。販売価格は、号数が増えるほど上がるのが一般的。24号の給湯器には、50万円前後の価格がついている製品もあります。

給湯器の価格をわけるポイントその2「機能」

機器の機能も、給湯器の価格を決めるポイントの1つです。給湯器のパンフレットなどを見ると、製品の紹介欄に給湯専用やオート、フルオートなどの記載があるのに気付くかもしれません。このような記載は、給湯器の機能を表しています。

給湯専用と書かれている給湯器は、その名の通りお湯を供給する機能のみを備えています。給湯専用の場合は、追い焚き機能などはありません。オートタイプは、自動的に湯量を調節して浴槽に給湯してくれるタイプです。このタイプは、湯温が下がると追い焚きをして浴槽のお湯を一定の温度に保ってくれます。

フルオートタイプは、追い焚きはもちろん、湯が足りなくなったときに自動的にお湯をたしてくれる機能がついています。また、配管の部分を自動洗浄してくれるなど、プラスアルファの機能が搭載されているのが特徴です。

ちなみに、販売価格は給湯専用が1番安く、オートタイプ、フルオートタイプの順番で金額が上がっていくケースが多いです。

エコジョーズの給湯器は価格が上がりやすい

機器の排気熱を再利用してお湯を沸かすエコジョーズの給湯器は、通常のタイプよりも販売価格が高くなっています。エコジョーズの給湯器は、家庭の光熱費がグンと安くなると言われていますよね。このタイプの給湯器は、販売価格は多少高くても長い目で見るとお得になることがあります。

給湯器を導入するときの初期費用、設置した後の光熱費のどちらを安くしたいかが、製品を選ぶときの判断基準になってくるでしょう。

設置するときは機器代に工賃がプラスされる

給湯器を設置する際には、機器の代金とは別に工賃を負担する必要があります。給湯器の設置は、専門の業者などに依頼することが多いですよね。給湯器の設置を手掛けている業者では、機器の仕入れから設置工事まですべて行ってくれます。

希望する製品を選んで申し込みをすれば、決まった日時に工事が行われ、給湯器が使えるようになるでしょう。このようなスタイルで給湯器を設置する場合、1つ気を付けておきたいのが工賃の金額や内訳です。給湯器の販売価格はさまざまなサイトで公開されていますが、工賃は業者の公式サイトでも紹介されていないケースが多々あります。

また、工賃の内訳などもサイトからはわからないことが多いです。工賃は、給湯器を設置する際にどのような作業が発生するかで変わります。実際、新規で設置するときと、古い機器を取り外して交換するときとでは、工賃の金額が異なる可能性があります。

給湯器を設置する際の費用を正確に把握したいときは、見積もりをとるなどの方法で金額や内訳をチェックしておきたいところです。工賃込みの価格が紹介されている場合も、内訳などは念のために確認しておいたほうがよいかもしれません。

関連:元止め式と先止め式の給湯器の違いについて知っておこう

大幅な割引をする業者が増えている

給湯器の機器代に関しては、多くの業者が大幅な割引を行っています。メーカー希望小売価格から50パーセント以上の割引をする業者も多く、かなり安く給湯器を入手することも可能です。このような割引が行われた場合、設置工事の費用はグンと安くなるでしょう。

実際、割引率が大きい業者に工事を依頼すると、メーカー希望小売価格が30万円台や40万円台の製品でも、工賃を含めて10万円から20万円前後の金額で設置できる場合があります。

専門業者の場合、独自のルートを通じてより安い価格で給湯器を入手できるケースが少なくありません。

仕入れ方や仕入れ先によっては、大手メーカーの給湯器を破格の値段で提供できることもあるでしょう。どのくらいの割引が受けられるかは、業者によってさまざまと言えます。

いろいろな業者から見積もりをとることで冷静に価格を判断できる

専門の業者に依頼して給湯器の設置を行った人の多くは、事前に複数の業者から見積もりをとっています。このように見積もりをとれば、その業者がどのくらいの割引を行っているかがだいたい把握できるでしょう。ただ、給湯器の場合、見積もりの金額だけで業者を選んでしまうのは少し危険です。

給湯器を設置するときには、専門的な資格が必要です。安さに釣られて無資格の業者などに工事を依頼してしまうと、後からいろいろなトラブルがでてくる可能性があります。思わぬトラブルを避けるには、実際にその業者を利用した人の口コミなどをしっかりとチェックしておくのがベストです。

見積もりの金額が安くても、評判が悪い業者を選ぶのは避けましょう。